スポンサーリンク

「マチ」いただきました!

与論島の生活

ヤーナー(家名)。
それは先祖代々受け継がれている名前。

夫はナビ。
つむはムチャ。
みちはマニュ。
私は与論出身ではないのでありません。

ところが先日与論民俗村に行った時、
「観光客でも何度も来ている人にはヤーナーつけたらいいよと言っている」という話を聞きました。
そういう場合は、こんなヤーナーがあるよって並べて、
そこから自分の好きなものを選ぶんだとか。

ふむ。
それなら私もヤーナー欲しい(ΦωΦ)キュピン☆

好きなものを選ぼうかとも思いましたが、
やはりどなたかのを受け継ぎたい。
つけてもらいたい。

ちょうどおばあちゃんが家に遊びに来たので、
相談してみました。

『そしたらね、マチがいいよ』

おばあちゃんの娘のヤーナーみたいです。
おばあちゃんは、ゆんぬふとぅばを混じえてしゃべるので、
なかなか聞き取れないんです(*_*;
「マチ」って名字みたいだー

おばあちゃんはさらに言いました。
『マチはね、働き者なんだよ』

(°ω° )オゥフ…!
がんばります…!

与論は生まれた時に、2つの名前を付けます。
ヤーナーと両親が考えた名前。
昔、後者は「がっこうナー」(学校名)と言われていたとか。

あぁ、こういう話とても興味深いです!
つむみちにも伝えていきたいなぁ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました