スポンサーリンク

家計簿どうしてますか?手書き派におススメ家計簿~ホームノート

やすこのおすすめ記事

5冊目に突入します、我が家のオススメ家計簿。
ホームノート。

家計管理は、今や便利なアプリも数多く出ていますが、
私は手書き派です。

家計簿は、面倒くさい・・・
なんてなりがちですが、
自分の家のお金を把握していないというのは、少し怖い。

ちょっとお高いものを購入するときに、
「一体いくらまでなら出せるのか?」
旅行に行くときに、
「いくらまで使っていいのか?」
お金を把握していないと、そこの判断が難しくなります。

散財してしまう結果になったり、
お金が必要以上に気になりすぎて、
買い物も旅行も楽しめないというのは、残念です。

家計簿ツールは、
それぞれに合ったものを使えばいいと思いますが、
ポイントは、「習慣づくり」

レシートの処理は・・・?
アプリなら、1日の終わりに写真に撮るようにする。
手書き派なら、レシートの定位置を決めておく。

買い物をしてから、家計簿に記入するところまでの流れを、
自分の中で作れるといいですね!

ちなみに我が家の場合は、
レシートやカードの利用明細など、支出に関するものは、
全て1つのファイルにどんどん入れています。
それを月1回程度、整理し、家計簿に記入しています。

クレジットカードで購入したものは、
購入画面をスクショしておきます。
それを元に記入していき、明細とも照らし合わせています。

家計簿の記入は、集中すれば、1ヶ月分が30分程度で終わるので、
さほど負担になりません。

さて、このホームノート。
自由度が高いのが魅力です。

家計簿を探していたときに思ったのが、
いらない項目が多いということ。
自分に合ったものを探すのは、なかなか大変です。

ホームノートだと、自分で項目決められます。
その都度項目を書く手間はありますが、
そこは自分なりの略語で対応しましょう。
例えば、食費を「食」「し」とか。

自分で項目を決められると何がいいかというと、
自分に合うようにアップデートできるということ。

1年の終わりには、
家計簿の書き方を見直すようにしています。

与論1年目は、島の物価がわからなかったので、
食費を細分化していました。
野菜・肉・魚・おやつ・・・
これはなかなかの手間でもあったし、
1年やって、だいたい把握できたこともあり、やめました。

あと、「日用品」と「雑費」。
自分でも判断に迷うことになったので(笑)、
「消耗品」「雑費」に変更しました。
使ってなくなるものは、「消耗品」!

今年からは、つむが小学生になったので、
今まで「子ども費」としていたところを、
「つむ費」「みち費」に変えました。
これは、小学生はどんな出費があるのか、把握するためです。

このように、家計簿自体を変えることなく、
中身を自分仕様にできるんです。

毎年、家計簿選ぶのって、けっこう大変・・・
そんなストレスも解消されます!

年間の集計も、好きなように使えます。
項目ごとに集計するも良し、
1日の支出を記入していっても良し!

私は青字のように、項目ごとの集計を書いています。

 

水道光熱費の管理もやりやすいです。
1年の増減がだいたいわかってきます。

このホームノート、他にもいろいろ記入するページがありますが、
私にとって不要だと思うものは、
一切使っていません。

そこにある欄を埋めようと思わないことが、大事です。
これが、家計簿がつらくなる要因のひとつな気がします・・・!

ついでに、ホームノートにはレシピもいろいろ載っていますが、
ほとんど見てません(笑)

手書き派で家計簿選びに悩んでいる方は、
ぜひ使ってみてください☆

コメント

タイトルとURLをコピーしました