コード スニペットをコピー

みっちがメガネくんになった日

2018-12-21


みっちがメガネくんになりました。

屈折異常弱視。
近視性乱視なんですって。

みっちは1歳代から、
「絵本やテレビをめちゃ近くで見る」
「上目づかいしたり目を細めたり目つきが悪い」のが気になっていました。

けれども目の検査がまだまだできないし…ということで、
様子見していました。
3歳が過ぎて、やはり同じような様子が続いていました。


遠くを見る時はこんな感じなんです。
もう明らかに目が悪いって感じですよね(;´Д`)

一般的に弱視だと気づく最初のきっかけは、3歳児健診です。
それを待とうかなと思いましたが、
与論町は3歳6ヶ月健診。
みっちの健診は来年の1月とわかりました。

健診からの眼科で検査のメリットは、
検査費用を払わなくていいところ。
町から補助が出ます。
でもメリットはそれくらい。

それならもう検査が必要なことはわかってるからと、
早く眼科に行く方を選びました。

与論島の眼科は、常設がひとつと、
与論徳洲会病院に月数回(視能訓練士さんは月1回くらい)来ます。

ちなみにメガネ屋さんも沖縄からやってきます。
病院の待合の横に、ずらーっとメガネが並びます。

早速行ってみると、
わかっちゃいたけど、検査がなかなか難しい。
なんとかできた検査で、
おそらく中程度近視だと言われました。
定期的に通って、
検査に少しずつ慣れていきましょうとのことでした。

何回か通っていましたが、
「目がよく見えてないことが、みちの成長の妨げになっているかもしれない」という話が出ました。
各方面に相談したところ、
「まずは小児眼科を受診したらどうか」などとアドバイスされ…
沖縄に行くことを決めました。
(ちなみに島外に出なくても、メガネを作ることは可能です。子供の弱視であっても)

でも沖縄の眼科なんて知りません。
けれども「琉大にしか紹介状は書けない」とのことだったので、
琉球大学附属病院の小児眼科に行くことになりました。

『大学病院は1日かかる』なんて話は聞いてましたけど、本当でした(-_-;)
朝9時に着いて、検査もしつつですが、診察に呼ばれたのは17時。

みっちはへとへと、ぐずりんちょです。
検査なんてやる気なし。

『これはどうかな~?』
『じゃあこれはどう??』と色んな検査グッズが出てきても、どれも無理。
母としては色んなものが出てきて、
面白かったですけど(笑)

唯一できた検査が、
1番重要なものでよかった。
診断してもらい、
メガネの処方箋も出してもらいました。

それが先日届き、
メガネデビューとなったわけです。

いや~メガネ高くてびっくりしました(*_*)
でもみっちの弱視や斜視などの治療用メガネは、
申請したら保険が適用されるので、本当に助かります…!

(これは先輩ママが教えてくれました。
知らなかったらすごい負担になってたな~感謝☆)

初めてかける瞬間は動画撮影しました。
最初はちょっぴり動きがカクカク(笑)
わりとすんなり受け入れていたみっちなのでした。


普段からサングラスかけたりしてたから、
抵抗がないのかもしれません(笑)

今日でメガネくんになって3日目ですが、
すでに少しずつ「よく見えるようになったんだな~」と思える行動が出てきました。

外でメガネを取ることはないですし。
室内だと取っちゃってポイすることもあります(^_^;)
でも自分からまたかけたりすることも多いので、
やっぱりよく見えるようになったんだなと思います。
みっちの世界がどんどん広がるといいな~☆
そしてメガネが壊れないといいな~☆(切実)

園に行くと、子どもたちはみっちのメガネ姿にびっくりした様子でした。
「なんでメガネかけてるの~?」と何度聞かれたことか(^_^;)
早くメガネくんみっちに慣れてもらえたらな~と思います。

いや、親でさえも慣れてないけどね(;´∀`)