スポンサーリンク

紫芋チップス作りました!ついでに紫芋と紅芋の違いも調べたよ

紅芋チップスつくり 与論島の生活

つむが学校で芋ほりをしてきました。

これ、どうしよっか?

つむ
つむ

紅芋チップスにして!

 

紅芋・・・? 見た目は紫芋な気がするけど

紫芋?紅芋?チップスの作り方を調べるついでに、紫芋と紅芋の違いを調べてみました。

紫芋と紅芋は、そもそも種類も見た目もちがう

紫芋と紅芋は、明確なちがいがあります。

・種類

・見た目

それぞれ説明しますね。

紫芋と紅芋の種類のちがい

「芋」なので、紫芋も紅芋もサツマイモの仲間かと思っていたのですが・・・。

紅芋=ヤムイモの1種

紫芋=ヒルガオ科サツマイモ属

なんと紅芋はサツマイモの仲間ではありませんでした! 別名、ダイショやダイジョといわれているそう。しかし、沖縄では、紫芋=紅芋になっているようです。

紫芋と紅芋の見た目のちがい

調べてみると、紫芋は見た目はサツマイモと同じ赤紫色とのこと。ですが、白色の品種もあるようです。

これが混乱のもとなのでは・・・!

紅芋より紫芋のほうが、紫色が濃いんですって。ふむ。

過去におばあちゃんから芋をもらったと書きました。

「紫芋でお菓子、つくり…」

今回つむが持って帰ってきた芋とこの記事のもらった芋は、見た目は同じ。でも、中の紫色があまり濃くなかったので、紅芋なのかも・・・。

紅芋チップスの作り方

さて、では紅芋チップスを作ることにしましょう。いちおうレシピ検索をしてみましたが、基本的にはほぼ同じでしたね。

  1. 紅芋をスライス
  2. 水にさらす
  3. 水分をよくふき取る
  4. 揚げる
  5. 味つけ

1.紅芋をスライス

「皮つきOK」と書いているレシピが多かったので、よく洗ってスライサーでスライスしてきます。チップスなので、薄さがポイント。

スライサーの切れ味が悪くて、後半は包丁で。最後は角切り(笑)

 

紅芋チップスつくり

2.スライスした紅芋を水にさらす

水がにごらなくなるくらいまで、何回か水を変えましょう。

3.水分をよくふき取る

油で揚げるので、水分は大敵。キッチンペーパーでしっかりふき取りました。

 

紅芋チップスつくり

水分を取っている最中に、つむが眺めにやってきました。

つむ
つむ

・・・・・・・。

・・・・・・ハッ!

スライスされた紅芋を見つめて、無言で去っていくつむ。

私は気づきました。つむは皮つきをイヤがるんですよね。。。(果物も皮のむき残しがあると指摘してくる)

母はキッチンバサミでカットいたしました。つむがほってきた芋を、つむが食べないことになるのは悲しい。

4.揚げる

さて、揚げていきます。

最初は、油節約のため、フライパンに油を数センチひくだけでやっていました。しかし、パリッと感がイマイチ。結局、油用鍋を出しました。

 

紅芋チップスつくり

鮮やかな紫色一色にはなりませんでした。やはりこれは紅芋。

5.味つけ

味つけは、塩。だけではなく、きびざらもかけてみました!

つむ
つむ

おいしい!!

紅芋チップスには塩&きびざらがおいしいよ

紅芋も紫芋も、揚げてチップスにするとおいしい。さらに「塩&きびざら」をかけるとさらにおいしい・・・!

紅芋も紫芋も、生の状態で県外・島外に出すことは禁止されています。なので、なかなか鹿児島や沖縄以外では手に入らないですが・・・機会があったらぜひ!

サツマイモチップスにも塩&きびざらが合うはず・・・!

オーシャンマーケットの通販

↑与論島のきびざらはここで買えるよ↑

コメント

タイトルとURLをコピーしました