スポンサーリンク

私が与論島移住を決めた理由

移住(大阪→与論)

与論島移住まであと4日!
寒くなってきました、大阪。
これ以上寒くなるのは少し待ってもらえますか。
我が家の暖房器具はもう小さな電気ストーブしかないのです…!
(もちろんそれも使わずにいきたい…!)

昨夜は夫の前職場にご飯を食べに行きました。
そして三線ライブでつむの成長が身られました!


旦那さんが三線をひきながら歌い出すと、つむ自らステージに行き、太鼓を叩き出すという…!(((о(*°▽°*)ο)))
将来が楽しみだ♪

そして昨夜だけでなく、今まで何度となく聞かれたことについて書こうかなと思います。

それは
「与論島に移住することを決断した理由」
「よく決めたね」ということを言われるのです。

一言で言えば「結婚したら旦那さんについていくもの」という考えなので、
「旦那さんの地元に帰る」ということは想定の範囲内なのです。
そうするのが当たり前というか。

与論島に限らず、離島は何かと不便です。
でも「不便」ということに関しては、経験済です。
海ではなく山ですが、「こんな不便なところで生活できるならどこへ行っても大丈夫」と言われていたところで、住み込みで働いていたので。

ひとつ不安な点は「島」であること。
「陸続き」ではないということです。
そこはもう未知の世界ですね(^_^;)

でも夫の過去のブログを読んだりして、島への思いに触れる度に、これは島へ一緒に帰ろうと思うようになったのです。

子供を田舎で育てたいという思いもありますし、
何より私が都会暮らしより田舎、自然に囲まれた暮らしの方が合っていると思うのです。
私にとって海が山のような存在になりますように…!(*´ω`*)

さて区役所で転居の手続きなうですよ。
早く順番こーい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました