スポンサーリンク

今日も草むらに突っ込んでいくみち君からの素敵なおみやげ

与論島の子育て

みち君は、草花観察が好きです。
ここ最近は、わた毛の季節なので(たんぽぽではない。名前不明)、わた毛を飛ばすのに夢中。


そんなわた毛が、車を停める場所の近くにたくさんあるので、
帰ってくると、とにかく草の中に入っていくのです。

この日は双眼鏡持参。

この日もわしわしと。

草花に夢中なのは、とても良いことです。
母は止めません。
でも問題がひとつ・・・

これ!
わかりますか、
このズボンにくっついているやつ!!

これは与論では「サシ」と言われるものの種です。
これが、とにかく取りにくい!
ついうっかりサシ付きのまま洗濯したって、大丈夫!
そのくらいじゃ取れません(泣)

いっぱいつけて帰ってきたら、
まずズボンを脱がせて、
それから母はひとつひとつサシを取っていくのです・・・

種にはトゲのようなものがついていて、
これが服をがしっとつかんで離さないというわけです。

サシの本名は「アワユキセンダングサ」

この小さな白い花です。かわいい。
繁殖力が非常に強く、与論島内でもあちこちで見られます。

なんでも『日本の侵略的外来種ワースト100』に入っているんですって。
(与論にもいるアフリカマイマイも入ってた)

こう書くと悪いやつ!という感じですが、
実は薬草でもあるんですね。
ヤギさんもわしわし食べているらしい。

与論島でも達朗シェフが、商品化していますね。
宮古島でも栽培し、
『ミラクルハーブ』として様々な商品が開発されています。
宮古島は土壌と水の関係で、
他より効果が高いアワユキセンダングサが採れるんだとか・・・

抗酸化や抗アレルギー作用があり、
花粉症やアトピー、糖尿病の治療に役立つという研究結果があるそうです。

「薬草」「ハーブ」と言われると、
実はいいやつ・・・と思いますが、
服につきまくるのは、どうにかしてほしいです・・・

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました